Dixon の外れ値検定

12-5-2014 updated


  1. Dixon の外れ値検定
  2. R を使った検定
関連項目





Dixon の外れ値検定

R を使った Dixon の外れ値検定は, Smirnov-Grubbs test と同じように行える。

まず > install.packages ("outliers") で R の outlier package をインストールする。サーバーを選択し,ダウンロードできたら


> library(outliers)
 

としてこのライブラリーを読み込む。

R を再起動した後は,おそらくこのライブラリーの読み込みからスタートする。Dixon test は,Smirnov-grubbs test よりも検出能力が低い (外れ値と判定されにくい ) ようである。

たとえば,下の図の左のパネルでは一番上の点 (T=5) が外れ値であると思われるが,Grubbs test では P = 0.03027 で 5% で有意に外れるのに対し,Dixon test では P = 0.1075 である。

右のパネルぐらい外れていると,T2 = 7 の点が Grubbs test で P = 0.004459, Dixon test で P = 0.01 ぐらい (記録忘れ) となり,どちらのテストでも有意に外れることになる。

dixon_test1 dixon_test2

References



コメント欄

全ページ共通なので,コメントにはページのタイトルもつけて下さい。書き込みのあったページには,専用のコメント欄を割り当てます。詳細は こちら のページに。

inserted by FC2 system